逆流性食道炎

逆流性食道炎でお困りの方へ

  • 最近胃もたれが多い
  • げっぷをすると喉の下の方が焼けるように痛い
  • 咳が多く喉が痛い
  • 胃液がこみあげてくることが多い
  • 胸焼けがする

 

と悩んだり、諦めているあなた、何とかこの症状から抜け出そうと色々模索しているあなた、このような症状でお悩みの方はくおん堂にご相談ください。

逆流性食道炎とは

逆流性食道炎は胃から胃酸が逆流することにより、食道で炎症が起き、げっぷ時の胸焼け、のどの違和感、胃もたれなどの症状を呈し、食道部分に炎症を起こす病気です。

普段は、この逆流が起きないように下部食道括約筋という筋肉が働いてくれているのですが食事によってコレシストキニンという消化ホルモンが増加しすぎて下部食道括約筋を弛緩させてしまうために胃酸を逆流させてしまい症状が出てしまいます。

また、姿勢の不良で胃が圧迫され症状を促進させてしまっている場合もあります。

 

昔は、高齢者の方に多かった逆流性食道炎ですが、食生活の欧米化に伴い近年では年齢に関係なく、逆流性食道炎に悩む方が増加しています。

一般的なアプローチ

薬物療法・食事の改善・生活習慣の見直し・等が挙げられます。

くおん堂でのアプローチ

日常生活の見直しや、食生活の改善、これはやはりくおん堂でも必要と感じています。しかしより早く改善させるためには、内臓や、骨盤、背骨といった一見関係ないように見えるところを調整することにより改善のスピードが変わってくると考えています。

くおん堂の施術では、体の土台である骨盤や大黒柱である背骨を調整し体全体の循環を良くしていきます。

なぜ循環の悪さで骨盤や背骨かというと、神経が背骨から抹消に伸びているから。もう一つは脳脊髄液という体の免疫力や自然治癒力、自律神経を保護してくれる液の循環を上げることが目的です。この循環の悪さは体に不調を出す原因にもなります。循環が良くなる=体の回復が早くなるので体を整えていく過程では必要になってくると考えております。

そして、あなたが悩んで