更年期障害

更年期障害でお困りのあなたへ

 

 

  • 突然のぼせたように汗がでてくる
  • 少し動いただけで疲れが出る
  • 頭痛やめまいが増えた
  • 集中力が散漫で夜寝つきが悪い

と悩んだり、諦めているあなた、何とかこの症状から抜け出そうと色々模索しているあなた、このような症状でお悩みの方はくおん堂にご相談ください

更年期障害とは

更年期障害は、個人差はありますが50歳前後の年齢で閉経を迎え、この閉経の時期をはさんだ前後10年間(一般的に45〜55歳頃)を”更年期”といいます。

年齢を重ねるごとに卵巣の機能が低下し、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が急激に減少することでホルモンのバランスが崩れ、心身にさまざまな不調があらわれます。

女性ホルモンは、脳の視床下部からの司令により卵巣から分泌されます。視床下部はさまざまなホルモンの分泌とともに、体温調節や呼吸、消化機能の調節、精神活動などを司る自律神経をコントロールする場所です。

ところが、卵巣の機能が衰えると、脳がいくら「ホルモンを出せ」と指令を出しても分泌されません。すると、脳がパニックを起こして通常の何倍もの指令を出すために、自律神経が乱れ異常な発汗、イライラ、めまいなどの症状があらわれるのです。

また近年では、男性の更年期障害も増加しており、これも男性ホルモンの減少により気分が落ち込む、筋力低下、等の症状が現れます。

男女どちらとも内的要因(ストレス)などによる自律神経の乱れが症状を助長していると考えられています。

一般的な治療法

薬物療法(ホルモン剤投与、睡眠薬)

漢方薬

生活改善

カウンセリング

等があげられます。

くおん堂でのアプローチ

くおん堂では、体の土台である骨盤や大黒柱である背骨を調整し体全体の循環を良くしていきます。

なぜ循環の悪さで骨盤や背骨かというと、神経が背骨から抹消に伸びているから。もう一つは脳脊髄液という体の免疫力や自然治癒力、自律神経を保護してくれる液の循環を上げることが目的です。この循環の悪さは体に不調を出す原因にもなります。循環が良くなる=体の回復が早くなるので体を整えていく過程では必要になってくると考えております。

そして、あなたが悩んでいる症状は実は結果なのです。原因は、症状とは全く関係ないところやあなたが気づかない日々の体の動作や姿勢などの積み重ねが原因となっている場合もあります。

くおん堂では、こういった根本原因を見つけ出しア