梨状筋症候群

梨状筋症候群でお困りのあなたへ

 

 

  • お尻から膝の裏までがズキズキして痛い
  • シビレや痛みで長時間座っていられない
  • 歩いたり、立っていたりしていると楽だけど座ると痛い
  • 腰は痛くないけどお尻とももがすごく痛い
  • この症状が長期間続いていて不安に思っている

 

と悩んだり、諦めているあなた、何とかこの症状から抜け出そうと色々模索しているあなた、このような症状でお悩みの方はくおん堂にご相談ください

梨状筋症候群とは

梨状筋(りじょうきん)という筋肉をご存じの方は少ないと思います。梨状筋とは臀部を構成する筋肉の一つで臀部の深部にある筋肉(いわゆるインナーマッス ル)です。 実はこの梨状筋と坐骨神経の間には密接な関係があり、梨状筋に問題があるとその同側の坐骨神経に問題が起こるケースが多く見られます。

梨状筋症候群の症状は臀部から大腿部後面にかけての痛みとシビレが特徴的ですが、特に臀部の奥がジワジワした神経的な痛みが続きます。 このような症状から腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの症状に類似しますが、特徴は椎間板ヘルニアのように腰部の痛みを伴いませし、痛みやシビレが膝まで下腿部や足部に及ぶことがないケースが多く見られます。

一般的なアプローチ

薬物治療(痛み止め、痺れ止め等)

物理療法(電気治療器、ホットパック等)

手術(梨状筋を切開する等)

マッサージ

安静等があげられます。

くおん堂でのアプローチ

くおん堂では、体の土台である骨盤や大黒柱である背骨を調整し体全体の循環を良くしていきます。

なぜ循環の悪さで骨盤や背骨かというと、神経が背骨から抹消に伸びているから。もう一つは脳脊髄液という体の免疫力や自然治癒力、自律神経を保護してくれる液の循環を上げることが目的です。この循環の悪さは体に不調を出す原因にもなります。循環が良くなる=体の回復が早くなるので体を整えていく過程では必要になってくると考えております。

そして、あなたが悩んでいる梨状筋症候群による症状は実は結果なのです。原因は、症状とは全く関係