ぎっくり腰

あなたはこのような悩みをおもちではありませんか?

  • まず今このぎっくり腰による痛みをいち早く改善させたい
  • 毎年のようにぎっくり腰を繰り返し、再発の不安を抱えながら生活している
  • 痛み止めや湿布ではなく、根本的にぎっくり腰を克服したい
  • 注射をせずにぎっくり腰の痛みをなんとかしたい
  • ぎっくり腰で整骨院に毎日通院しているがなかなか良くならない
  • 朝、腰が痛く出勤の準備のため靴下を穿こうとするも30分近くかかってしまう

あなたが上記のように悩みどうにかしたいとお考えならこのページを最後までお読みください。

しかし、「痛みが治まるまで寝ていればいい」「いつか痛みがなくなればいい」こうお考えならそっとページを閉じてください。

くおん堂では、自分の体と向き合い良くすることを考えている方をお待ちしております。

「朝、起き上がろうとした時に」

「くしゃみをした瞬間ぴきっときた」

「車を降りるとき」

「仕事中に重い荷物を持ったら腰に電気が走ったような感覚になり、数分動けず呼吸するのも大変」

「靴を脱いで、屈んで取ろうとしたら腰の筋肉がピキっとツった感じがして痛い」

上記のようにぎっくり腰は日常生活の何気ない動作で起きることが大半を占め、その辛い症状はいきなり訪れます。

ぎっくり腰とは、別名「魔女の一撃」とも言われるほど強烈な痛みを伴います。

正しくは急性腰痛と呼ばれたりします。

ぎっくり腰の原因としては、骨盤の歪み、血行不良、疲労の蓄積が挙げられます。

腰を痛めない方は、腰を下から支えている土台となる骨盤部に安定性があり、周辺の関節の動きや筋の収縮が無理なく行われている方です。しかし、慢性的な腰痛がある方や、ギックリ腰を繰り返し起こしている方は、土台である骨盤が歪み、周辺の関節や筋肉が緊張した状態のため血行不良が起り骨盤の周りの動きが悪くなっています。

その動きが良くない状態で、「下のものを取る」「椅子から立ち上がる」等の動作が腰に負担をかけています。

当院での施術は 「骨盤と背骨を調整し腰への負担を減らす」 ことで症状が改善していく

ギックリ腰の状態では、「寝ころぼうとするだけで激痛」「座ったり立ち上がったりするだけで痛い」というように患者様によってできる動作とできない動作に違いが出てきます。

その為当院では、しっかりとした問診と検査を行いあなたの症状に合わせて施術していきます。

当院では、家で人間の体を例えると骨盤は土台、背骨は大黒柱と考えております。土台(骨盤)が傾けば家全体(体全体)が傾いたり、崩れてりしてしまいますよね?

大黒柱(背骨)も一緒で人間の体において骨盤と背骨は非常に重要になってきます。

当院院では、骨盤と背骨の調整を行い生活の中でなるべく腰に負担がかからないように施術を行っていきます。