腰部椎間板ヘルニア

次のような人は腰部椎間板ヘルニアになりやすいといわれています。

普段から重い荷物を持っている

デスクワークなどで長時間同じ姿勢でいることが多い

運動不足で太り気味

過去に首や腰まわりに大きな打撲をしている

加齢や骨盤の歪みなども、腰部椎間板ヘルニアになるひとつの要因です。

 

腰部椎間板ヘルニアとは

椎間板は線維輪という軟骨と髄核からできていて、椎骨(背骨の骨)のあいだでクッションの役目を担っています。

線維輪と髄核はジャムパンのようなもので、外側のパンの部分が線維輪、ジャムの部分が髄核になっています。

ヘルニアは、このパンの部分である線維輪が破れ、中のジャムの部分である髄核が出っ張ってしまった状態。その後ろを走っている神経にこの髄核が当たることで、痛みやしびれなどの症状を引き起こします。

一般的なヘルニアの治療法

大きく分けると保存的治療と手術治療法の2つになります。

※保存的治療法

保存的治療法とは、手術をせずに治療をしていく方法です。

当院での施術も大きくゆえば、こちらの治療にあたります。

一般的な保存的治療

一般的な接骨院では痛みが強い急性期においては安静にし、アイシング、物理療法(電気)などをおこないます。

また、病院などでは、上記に加えて消炎・鎮痛剤や筋弛緩剤を用いて痛みを取り除きます。

痛みがおさまってきたあとに、温熱治療や低周波治療、ストレッチやけん引きなどを行ないながら

症状をゆっくりと緩和・改善していきます。

当院が考えるそれぞれの問題点

安静

炎症を抑えるために重要な事だが安静にするだけでは、根本改善が図れず、症状が何か月もとれない、再発したりする可能性が非常に高いです。

投薬治療

鎮痛剤は痛みを抑えるだけで、根本の原因が改善させているわけではありません。

しかしどうしてもでなければならない仕事などの時は一時的には有効です。

温熱療法

慢性期には非常に有効ですが、急性期(炎症期)に行うと痛みが強くなります。

コルセットなどを使った固定

コルセットを使った固定は場合によっては有効ですが、多くの場合が筋肉を間違ってゆるめてしまい症状が長引く可能性が高いです。

手術治療法

内視鏡下手術やレーザー治療など状態や場所によって選択されます。

手術の傷が後々身体に不調をきたすおそれがある。

症状の原因が別であり、手術をしても改善が一時的だったり、症状が再発する可能性がある。

くおん堂でのアプローチ

くおん堂では、DRT整体という特殊な整体で、まず背中の圧迫をやわらげていきます。

DRT整体とは、骨盤と背骨を調整し脳脊髄液という液の流れを正常化させて自己免疫力や自然回復力を高めて早期復帰を目指していきます。DRT整体非常にソフトな施術になっていますのでご安心ください。

そして、動作検査や問診の情報をもとに症状を起こしている原因に対してアプローチをかけていきます。

その原因は、人によってそれぞれですが、足・首・胸郭・内臓など多岐にわたり、それぞれにたいして最も効果のある整体を行います。