坐骨神経痛

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは腰から足にかけて存在する「坐骨神経」がさまざまな原因によって刺激、圧迫されることでおこる、痛みやしびれなどの症状のことです。つまり坐骨神経痛とは病名ではなく総称ということになります。

坐骨神経痛は、単独で出現する場合もありますが、実はヘルニア、脊柱管狭窄症などの疾患により坐骨神経痛という症状が出ている場合が多くあります。

坐骨神経痛が起きる疾患例 

椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症

分離・すべり症

変形性腰椎症

梨状筋症候群

腰椎及び骨盤内腫瘍

婦人科系疾患

レントゲン、MRIで判別できない腰痛

などが挙げられます。

痛みやしびれといった症状がお尻や太ももの裏、足裏、足先などにあらわれます。

ひどい場合だと、患側のほとんどに痛みやしびれがあらわれます。

・坐骨神経痛はこんな症状をおもちの方におこりやすいです。

若い人は、腰椎椎間板ヘルニアを罹患している人におこりやすく、高齢の方は腰部脊柱管狭窄の罹患者に起きやすいです。

坐骨神経痛の一般的な治療および処置

骨神経痛の治療では、原因疾患にかかわらず、まずは症状をやわらげることを目標にします。

以下のような治療が一般的に選択されます。

病院

・薬物療法

・神経ブロック

・外科的手術

接骨院

・物理療法(電気)

・マッサージ

・骨盤矯正

 

くおん堂での坐骨神経痛へのアプローチ

基本的にヘルニアや脊柱管狭窄症などの疾患が、坐骨神経痛の症状を出している根本的な原因になるため、その疾患へのアプローチなります。

 

くおん堂では、DRT整体という特殊な整体で、まず背中の圧迫をやわらげ自然治癒力を高めていきます。

そして、神経を圧迫及び、障害している軟部組織、筋肉、関節のロッキングを外していき

症状の改善をはかります。

軟部組織、筋肉、関節のロッキングを外すといってもバキバキ、ボキボキではなく「これでいいの?」と思うくらいソフトな刺激になっているので安心して下さい。