上腕二頭筋長頭腱炎

上腕二頭筋長頭腱炎でお困りのあなたへ

 

  • ボールを投げるとき肩から腕にかけて痛みがある
  • 重いものを持った時に痛い
  • 夜寝がえりを打つときに痛みがある
  • 服を着るのも痛い

と悩んだり、諦めているあなた、何とかこの症状から抜け出そうと色々模索しているあなた、このような症状でお悩みの方はくおん堂にご相談ください。

上腕二頭筋長頭腱炎とは

上腕二頭筋長頭腱炎とは、肩をよく使うスポーツ動作や重いものを持つ動作などが原因となります。普段はなにげなく行っている動作でも肩甲骨などの動きが悪くなっていたり、いつもと違う体勢で行ったりすると生じることがあります。

 

特に肩に負担をかけやすいスポーツ(野球、ハンドボール)などに多いとされています。

他にも重いものを良く持つ職業の方などにも発生します。

 

 

上腕二頭筋長頭腱炎は、骨ではなく腱の損傷なのでレントゲンでは確認できませんので骨には異常ありません五十肩ですねという風に多くは五十肩と分類されてしまうケースが多くあります。

 

上腕二頭筋長頭腱は、結節間溝という溝の間を走行しているため繰り返し使うことで炎症が起こり痛みを生じこれを放置しておくと上腕二頭筋長頭腱断裂などを引き起こす一つの原因になります。

 

一般的なアプローチ

薬物療法(痛み止め、湿布)

物理療法(電気治療、超音波)

関節内注射

安静

アイシング

等があげられます。

くおん堂でのアプローチ

くおん堂では、体の土台である骨盤や大黒柱である背骨を調整し体全体の循環を良くしていきます。

なぜ循環の悪さで骨盤や背骨かというと、神経が背骨から抹消に伸びているから。もう一つは脳脊髄液という体の免疫力や自然治癒力、自律神経を保護してくれる液の循環を上げることが目的です。この循環の悪さは体に不調を出す原因にもなります。循環が良くなる=体の回復が早くなるので体を整えていく過程では必要になってくると考えております。

 

 

そして、あなたが悩んでいる症状は実は結果なのです。原因は、症状とは全く関係ないところやあなたが気づかない日々の体の動作や姿勢などの積み重ねが原因となっている場合もあります。

 

くおん堂では、こういった根本原因を見つけ出しアプローチしていきます。

 

その場しのぎの対処療法ではなく、根本的に身体を改善させていくことによりあなたが悩んでいる痛みを改善し、不調のない日常生活を快適に送っていけるような身体をとりもどしていきます。

 

「手術をしかないのかと思っている」

「早く良くなりたい」

「いろいろ治療しているけれど良くなるか不安」

という患者様にもお喜びの声を多数いただいております。

 

くおん堂では、患者様の悩みを患者様と一緒に改善を目指しております。そのため慰安目的等のマッサージは行っておりませんのでこのような方のご要望にはお答えすることはできません。

 

・  一度の施術で完全に治してほしいという方

・  痛いところを気持ち良く揉んでほしい方

・  長時間マッサージしてほしい方

・  予約の時間を守れない方

 

上記に書いてあるようなことをご希望される方は、予約をお断りさせていただきます。

 

 

今、あなたが悩んでいる症状で我慢していることはありませんか?

 

この不調、症状がなくなったらなにかしたいことはありませんか?

 

 

 

あなた自身が「辛い症状を何とかしたい」と思うのであれば勇気を出してご連絡ください。

 

くおん堂では、責任をもって全力でサポートしていきます。

 

あなたが勇気を出してご連絡していただけるのを心よりお待ちしております。