側弯症

側弯症でお困りのあなたへ

 

  • 側彎症と診断されどうしたらいいか不安だ
  • ズボンやスカートの丈が左右違うのが気になる

 

と悩んだり、諦めているあなた、何とかこの症状から抜け出そうと色々模索しているあなた、このような症状でお悩みの方はくおん堂にご相談ください。

側弯症とは

脊柱は後ろから見ると、脊柱を中心に、左右対称に真っ直ぐにできており、側面から見ると、頚椎は前湾、胸椎は後湾、腰椎は前湾といった緩やかな湾曲、生理的湾曲を示しています。

側弯とは、脊柱(背骨)がなんらかの原因で、左右対称が崩れて、右か左に曲がっているものを側弯症といいます。

 

側彎症にも色々と分類があり、先天性側彎症、特発性脊柱側彎症、構築性側弯などに分類されます。

側彎症は主に特発性の側彎症が多く思春期の女子に多く見られます。しかし成人した後に起こるケースもございます。

一般的なアプローチ

装具固定

手術(高度の側弯の場合)

くおん堂でのアプローチ

くおん堂では、体の土台である骨盤や大黒柱である背骨を調整し体全体の循環を良くしていきます。

なぜ循環の悪さで骨盤や背骨かというと、神経が背骨から抹消に伸びているから。もう一つは脳脊髄液という体の免疫力や自然治癒力、自律神経を保護してくれる液の循環を上げることが目的です。この循環の悪さは体に不調を出す原因にもなります。循環が良くなる=体の回復が早くなるので体を整えていく過程では必要になってくると考えております。

 

 

そして、あなたが悩んでいる症状は実は結果なのです。原因は、症状とは全く関係ないところやあなたが気づかない日々の体の動作や姿勢などの積み重ねが原因となっている場合もあります。

 

くおん堂では、こういった根本原因を見つけ出しアプローチしていきます。

 

その場しのぎの対処療法ではなく、根本的に身体を改善させていくことによりあなたが悩んでいる痛みを改善し、不調のない日常生活を快適に送っていけるような身体をとりもどしていきます。

 

「手術をしかないのかと思っている」

「早く良くなりたい」

「いろいろ治療しているけれど良くなるか不安」

という患者様にもお喜びの声を多数いただいております。

 

くおん堂では、患者様の悩みを患者様と一緒に改善を目指しております。そのため慰安目的等のマッサージは行っておりませんのでこのような方のご要望にはお答えすることはできません。

 

・  一度の施術で完全に治してほしいという方

・  痛いところを気持ち良く揉んでほしい方

・  長時間マッサージしてほしい方

・  予約の時間を守れない方

 

上記に書いてあるようなことをご希望される方は、予約をお断りさせていただきます。

 

 

今、あなたが悩んでいる症状で我慢していることはありませんか?

 

この不調、症状がなくなったらなにかしたいことはありませんか?

 

 

 

あなた自身が「辛い症状を何とかしたい」と思うのであれば勇気を出してご連絡ください。

 

くおん堂では、責任をもって全力でサポートしていきます。

 

あなたが勇気を出してご連絡していただけるのを心よりお待ちしております。